「English grammar in use」の勉強法。効果的な使い方とは?

このページでは「English grammar in use」の効果的な勉強法について解説します。

「シンプルな説明で英文法が自然に頭から入ってくる!」と評判のベストセラー英文法書の効果的な使い方を紹介します。

 

「English grammar in use」の勉強法

「English grammar in use」は1ユニット見開き2ページで構成されています。

かかる時間には個人差があると思いますが、演習問題の丸付けまで含めて20分から40分程度を目安にしてください。

1日1ユニットずつ、毎日勉強しましょう!
1日に演習する量をセーブする変わりに、休みなしで進めます。

最初の数ユニットは、正直退屈かもしれません。(内容的に)
ただ読み進めていくとレベルが上がってきますので、油断せずに進めましょう!

左ページに要点、右ページに演習問題が掲載されています。
勉強のはじめに左ページでポイントを確認します。

特にポイントをノートにまとめる必要はありません。
英文を理解、もしくはイメージすることに時間を使ってください。

ただ、書きながら要点を確認したほうが勉強しやすい人はノートを使うのもアリです。

左ページの問題演習はテキストに直接書かずに、コピー用紙やノートなどに書いて丸付けしましょう。

テキストに書き込んでしまうと、2周、3周出来なくなります。

「English grammar in use」は全て英文ですが、中学英語を理解していれば問題なく読み進められます。

文法の説明を英語で読むことで、直感的に分かりやすくなるときと、逆に分からなくなるときがあると思います。

この違いは、各英文法の理解度に比例します。なので、「English grammar in use」の説明が難しいなと感じたら、日本語で書かれた文法書で軽くイメージを作ってから再チャレンジしてみましょう。

【補足】繰り返しになりますが、「English grammar in use」は中学英語が理解出来ていれば問題なく読むことはできます。ただ、和訳できてもそれをイメージできない可能性があるということです。

ある程度、英語を習得できている人なら、「English grammar in use」の解説文や演習問題の英文をいちいち日本語になおさずイメージしながら読み進めましょう。

「英語で書かれた文法書」と言われるとハードルが高く感じますが、いざ勉強してみると、日本語で書かれた文法書を読んでいるときのストレスがなくて快適!という人も多いです。

英語を英語のまま理解してみましょう!

「English grammar in use」の2周目からは、右ページの音読を取り入れると良いです

「English grammar in use」のレベルは?

「English grammar in use」はシリーズ中の中級レベルに分類されています。

他に赤色の表紙の「Essential Grammar in Use 」は初級、緑色の表紙の「Advanced Grammar in Use Book」は上級レベルです。

>>英会話教材のおすすめ【比較】人気の英語学習は?

タイトルとURLをコピーしました